工学部 情報工学科

蜷川繁 研究室

NINAGAWA Shigeru
LABORATORY

量子コンピュータや興奮性媒質などの自然計算の研究

自然現象を利用して従来とは異なるコンピュータを開発する研究を「自然計算」とよぶ。量子コンピュータを用いて暗号などを高速に解く量子アルゴリズムの研究や、興奮性媒質を利用したコンピュータのVRシミュレータの開発を行っている。左図は興奮性媒質で発生したパターン。

キーワード

  • 自然計算
  • 量子アルゴリズム
  • 興奮性媒質
  • 量子暗号
  • 耐量子計算機暗号

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

研究紹介

RESEARCH

量子アルゴリズムの研究

研究内容

量子コンピュータを用いることで今まで解けなかった問題が解けるようになることが期待されています.量子コンピュータで問題を解く手順を量子アルゴリズムといい,量子アルゴリズムを用いて暗号等を解く研究を行ったいます.

興奮性媒質のVRシミュレータの開発

研究内容

脳細胞や心筋梗塞細胞のように興奮状態を伝えるシステムを興奮性媒質とよび,これを用いることでコンピュータを作ることができると期待されています.興奮性媒質の動きをVRを使ってシミュレーションできるソフトウェアの開発を目指します.

制約プログラミングの研究

研究内容

種々の制約条件を満たした解を求める問題を制約充足問題を呼び,制約充足問題を解くプログラムを制約ソルバーと呼びます.制約ソルバーの開発や制約充足問題を解く手法の研究を行っています.

耐量子計算機暗号研究

研究内容

量子計算機の出現によって多くの暗号が簡単に解読されると言われています.量子計算機でも解けない暗号を耐量子計算機暗号と呼び,それらの研究を行なっています.

量子暗号の研究

研究内容

ミクロの世界を記述する量子力学を応用した暗号が量子暗号です.従来の暗号と異なり,量子暗号は盗聴ができないなため,無条件に安全な暗号と呼ばれています.量子暗号のアルゴリズムを研究しています.

教員紹介

TEACHERS

蜷川繁  教授・博士(工学)

略歴

1982年
3月
富山県立富山高等学校 卒業

1986年
3月
金沢大学 理学部 物理学科 卒業

1988年
3月
富山大学大学院 理学研究科 物理学専攻 修士課程 修了

1988年
4月
北陸コンピュータ・サービス(株) 企画部 

1991年
10月
(株)不二越 技術本部ロボット開発部 

1994年
4月
高岡法経専門学校 情報ビジネス学科 助教授 

1998年
3月
富山大学大学院 工学研究科 システム生産工学専攻 博士後期課程 修了

1998年
4月
明星大学 情報学部経営情報学科 研究助手 

1999年
4月
金沢工業大学 講師 

2002年
4月
金沢工業大学 助教授 

2010年
4月
金沢工業大学 情報学部 化学系 情報工学科 教授 

2012年
4月
金沢工業大学 工学部 情報工学系 情報工学科 教授 

2018年
4月
金沢工業大学 工学部 情報工学科 教授 

専門分野

専門:自然計算、複雑系

学生へのメッセージ

最近、暗号理論に興味をもっています。

担当科目

離散数学  形式言語とオートマトン  情報と符号の理論  符号と暗号(再履修クラス)  プロジェクトデザインⅢ(蜷川繁研究室)  情報工学系代数学  情報セキュリティ  専門ゼミ(情報工学科)  メディア情報数理研究(蜷川 繁)  情報処理数理モデル特論  

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS