工学部 情報工学科

黒瀨浩 研究室

KUROSE HIROSHI
LABORATORY

変化する社会ニーズや技術シーズに適切に対応できる情報システムの設計・構築・評価

社会変化や新技術により情報システムのしくみも変化します。情報システムはプログラム、ネットワーク、データベース、オペレーティングシステム、アーキテクチャなどを組み合わせて作られますが、設計や評価の方法により機能・性能・安定性などに差が生じます。最新技術を導入する場合は既存のデータ・プログラムとの整合性、接続性の考慮が必要です。本研究室では、情報システムを検討、制作、評価する方式を研究しています。

キーワード

  • 情報システムの計画・設計・構築・評価
  • 変化に適応できる情報システム基盤
  • システムの安定化、信頼性向上
  • プログラミング言語機能の活用
  • データの解析と変換

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

プリプロセッシングシステムの方式検討

研究内容

生産品の検査を省力化するためや物流コスト削減のために、資材管理、画像解析、機械学習などの技術が導入されているが、それらの処理を行うためにデータ取得、収集、前処理を行う必要がある。各種データを取得して収集するセンサー、ネットワーク、経路上でのデータ蓄積、事前加工が行われているが、処理時間や並列多重度の制約がある。これらの処理は、本格的な解析処理の負荷軽減、処理の単純化に貢献する。

情報システムの工程またはライフサイクルを通じた評価

研究内容

情報システムのライフサイクルは計画、設計、構築、運用、移行の各段階で取捨選択を行っている。他のシステムや選択しなかった方式との比較が行いにくいため、ライフサイクルを通じた妥当性の評価が行いにくい。また多くの項目があるため、検討事項から漏れてしまっている事項も多い。例えば障害復旧、システム切替作業は、機会も少ないため、体系化しにくい面がある。評価項目の網羅率を向上するための検討を行っている。

データフローに応じたプログラミング記述

研究内容

人間は、データの発生から消滅までの流れに応じて考えるのが自然であるが、プログラムソースコードは、モジュール化、集約化、共通化などを検討してから上位レベルからソースコードを記述するようになっている。近年、データフローを意識した記法ができるプログラミング言語も出てきているが、データの発生から利用者への提供までのデータフローに応じた理解しやすい記法について調査・研究している。

教員紹介

TEACHERS

黒瀨浩  教授・博士(情報学)

群馬県群馬高専出身

略歴

群馬高専電気工学科卒。日本データ・ゼネラル(株)にて各種システムの計画・開発・設計・構築に従事。社会人学生として放送大学卒、本学工学研究科(知的創造システム専攻)修了、総合研究大学院大学複合科学研究科(情報学専攻)修了。(独)科学技術振興機構ディペンダブル組込みOS研究開発センター研究員、本学非常勤助手(兼任)を経て、2013年准教授。2018年現職。

専門分野

専門:情報基盤科学、情報システム基盤設計
論文・著書:CGMコンテンツに適したタグキャッシングルータアーキテクチャの研究(学位論文)、TCR:フォークソノミータグに適したCGMコンテンツキャッシングルータアーキテクチャ(電子情報通信学会論文誌)
その他専門情報:ソフトウエア開発技術者、教育士(工学・技術)

横顔

企業ではシステムソフトウェア開発、検索エンジンのアジア言語対応、計測制御・組込み・流通・金融システムの設計・構築に従事していました。ITシステムは想定どおり動かないことも多いので、段階的に確認を繰り返すことを心掛けています。

趣味

CGM動画視聴、釣り

近況

歩いたり泳いだりして体力が衰えないように心がけています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。