情報フロンティア学部 経営情報学科

石原正彦 研究室

ISHIHARA Masahiko
LABORATORY

社会の“データ”から問題解決のための“情報”を引き出す

統計解析、多変量解析、地理情報システム(GIS)そしてディープラーニングなどを活用して“ビックデータ”から社会が直面する問題の本質を深掘りする手法の開発に取り組む。この取組を通して、社会に価値ある“情報”を引き出すデータ・サイエンティストを育成する。

キーワード

  • 統計解析
  • ビックデータ
  • 地理情報システム(GIS)
  • ディープラーニング

研究紹介

RESEARCH

データ解析コンペティションの挑戦しながら、ビックデータの解析手法を開発

研究内容

4大学(大東文化大学、大阪府立大学、岩手県立大学、早稲田大学)の研究室と共同でデータ解析コンペティションに参加し、さまざまなビックデータに触れながら新しい解析手法や評価指標など開発しています。

1.データ解析コンペティション(経営科学系研究部会連合協議会主催)
<2018年度>
佐々木誠治(岩手県立大学)他「視聴履歴に基づく視聴者ロイヤルティの評価指標の提案」
→開発した指標を用いた分析内容を経営情報学会学生ポスターセッションにて報告し、最優秀賞を受賞しました。
<2019年度>
茂木雅祥(早稲田大学)他「標準地域メッシュを用いたタクシー移動方位の変動評価」
→データベース学会部会で最優秀賞を受賞しました。

2.スポーツデータ解析コンペティション(情報数理研究所主催)
薮内天貴(金沢工業大学)他「日本プロ野球における改良型 D'Esopo-Lefkowitzモデルによる最適打順の探索」(2019.12)
→本研究内容は経営情報学会関西支部第15回学生研究発表会においても発表して、優秀賞を受賞した(2020.2.22)

AI技術を活用した森林施業集約化のための効率的調査技術の開発

研究内容

林業の業務効率化を目指して、効率よく森林資源量を推定するAIエンジンの開発に取り組んでいる。具体的にはドローンや人工衛星から得られるデータなどを統計解析、ディープラーニング、地理情報システムなどの技術を活用して分析し、広い領域の森林資源の価値(資源量)を効率よく推定する手法を開発する。
本研究は本学情報工学科長田茂美研究室、石川県農林総合研究センター、石川県森林組合連合会、株式会社エイブルコンピュータとの共同で取り組んでいる。なお本研究は農研機構生研支援センター「イノベーション創出強化研究推進事業」の支援を受けて行っている(2018年度-2020年度)。

“技術ベース経営(MOT)”を実践する北陸企業の経営学的分析

教員紹介

TEACHERS

石原正彦  教授・博士(医学)

東京都芝高等学校出身

略歴

東京理科大学理工学部応用生物科学科卒。大阪大学大学院医学研究科医科学専攻修士課程修了。同大学院医学研究科生理系専攻博士課程修了。日本学術振興会特別研究員を経て、協和発酵工業(株)、理研発ベンチャー企業において技術開発・製品開発等に従事。在職中に東京理科大学専門職大学院に入学して技術経営(MOT)を修め、2008年より同大学院技術経営専攻助教を務める。2011年本学准教授就任。2016年教授。

専門分野

専門:イノベーション・プロセス論、マーケティング
論文・著書:「中核技術の認識の重要性とむつかしさ」(『日本の技術経営に異議あり』(日本経済新聞出版社))、「技術ベース経営による飛び石事業展開」(『技術経営の常識のウソ』(日本経済新聞出版社))など
その他専門情報:技術経営修士(専門職)

横顔

かつては製薬企業の技術者でしたが、現場で“技術を如何に育て、如何に活かすか”を考えだしたのがきっかけで、現在は社会科学的アプローチで企業研究に取り組んでいます。実務で培った視点と経営全体を見る視点を共に活かして企業現場を観察し、“技術をベースにした経営(MOT)”について理解を深めているところです。

趣味

海釣り、シュノーケリング、探鳥、ハイキング、ジョギングなど。

近況

健康管理のつもりで始めたジョギングは気づくと5年続いています。かつては2キロ走ると膝が悲鳴をあげていましたが、無理せずコツコツ続けた結果、フルマラソンをなんとか完走できるまでに体力がつきました。今度は歩かずに本当の意味での”完走”するのが目標です!

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。