情報フロンティア学部 心理科学科

渡邊伸行 研究室

WATANABE NOBUYUKI
LABORATORY

コミュニケーションに関わる人のこころの働き

人と人、人と機械のコミュニケーションにおけるこころの働きについて、主に認知心理学実験や感性評価の手法を用いて検討しています。私たちは人と接する際、相手の顔を見て、その人のプロフィールや感情などを把握します。機械(PCやスマホも含む)を操作する際、使い方がわからなかったり、機械の反応が遅いと、私たちはイライラしたりします。日常のコミュニケーションで経験する身近な疑問に焦点を当て、研究しています。

キーワード

  • コミュニケーション
  • 感情
  • ヒューマンインタフェース
  • SNS

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

顔面表情認知モデルの精緻化に関する実験的検討

表情認知過程における心理物理的関係の検討

教員紹介

TEACHERS

渡邊伸行  准教授・博士(心理学)

埼玉県川口北高校出身

略歴

日本大学文理学部心理学科卒業。同大学大学院文学研究科心理学専攻博士後期課程修了。同大学文理学部情報科学研究所ポスト・ドクター (PD)、本学感動デザイン工学研究所特別研究員 (KIT-PD) を経て、2009年本学講師就任。2016年現職。

専門分野

専門:コミュニケーションの認知心理学 (顔や表情の認知、ヒューマンインタフェース)
論文・著書:ファッションマスクは顔の印象にどのような影響を及ぼすか?(共著論文)、求心顔および遠心顔の印象の検討(共著論文)、顔の百科事典 (分担執筆)
その他専門情報:日本心理学会認定心理士

横顔

金沢に移住して、まる11年が経ちました。去年、何十年に一度の大雪を経験して、11年目にして雪国の洗礼を受けた思いがしました。大雪の間、毎日何時間も雪かきをしたおかげで、学内ですれ違う人に「痩せました?」と言われました。苦労すると、報われるものですね。

趣味

去年の正月に、似顔絵を始めようと思って、スケッチブックを買いました。買ったその日に息子の顔を描いて以来、スケッチブックは本棚の片隅に刺さったままです。似顔絵に関する研究を進めているので、自分でも描けるよう、今年は少しずつ練習したいです。もう一つの目標は、4年前から継続して、釣りを始めることです。

近況

先日、大学院生に僕の大学入学時の記念写真を見せたところ、「自分が2歳の頃ですね!」と言われ、ちょっとヘコみました。年々、学生との年齢差が開いて、これまでウケていたネタが通じなくなったりしています。そんなことにもめげることなく、気持ちだけは若いままでありたいと思っています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。