建築学部 建築学科

垂水弘夫 研究室

TARUMI HIROO
LABORATORY

自然エネルギー活用建築を科学する

建築物は、人間の継続的な仕事や生活の場である。デザインや機能性だけでなく、屋内に形成される温熱環境・空気環境が人の健康・快適性に優れ、冷暖房や活動用のエネルギー消費量が十分に小さい必要がある。当研究室は、時代が求めるZEB(Net-Zero Energy Building)の実現に貢献すべく、建築の周りに存在する太陽・光・雨・風・緑・土などの自然エネルギー活用に関する研究に取り組んでいる。

キーワード

  • 自然エネルギー活用建築
  • 太陽・光・雨・風・緑・土
  • ZEB
  • 空気調和設備
  • 地下水利用・放射空調システム

研究紹介

RESEARCH

白山麓スマートキャンパスにおける自然エネルギー活用に関する研究

太陽追尾・再生可能エネルギーシステムの建築への適用効果に関する研究

CLT建築の温熱環境・省エネルギー効果実証研究

地下水利用・農業用温室の開発に関する研究

放射空調オフィスにおけるクールスポット温熱環境設定に関する研究

教員紹介

TEACHERS

垂水弘夫  教授・工学博士

福岡県若松高校出身

略歴

鹿児島大学工学部建築学科卒。東京工業大学大学院理工学研究科博士課程(建築学)修了。同大学工学部建築学科建築環境工学講座助手を経て、1990年本学助教授就任。1997年現職。

専門分野

専門:建築環境工学・建築設備
論文・著書:農業用温室の地下水利用による夏季温熱環境改善効果に関する研究(日本建築学会技術報告集,2019.6),ヒート&クールトレンチの地中伝熱数値解析による熱的効果推定法の検討(空気調和・衛生工学会論文集,2019.2)など。
受賞:空気調和・衛生工学会北信越支部45周年記念賞2015、日本デザイン振興会グッドデザイン賞2013、日本建築衛生管理教育センター建築物の環境衛生管理事業功労者2007、日本建築学会北陸建築文化賞2001
その他専門情報:研究室は八束穂の地域防災環境科学研究所、69.322号室。屋上緑化、太陽光発電、地下水利用放射空調システム、排湿外壁構造開発のための日射人工気象室、付設温室住宅試験棟など、運用中。

横顔

親しみやすく、教育・研究・就職について学生の面倒をよくみられる温厚な先生である。
2006年度から2012年度まで7年間にわたり、建築系2学科の進路主事を務めた後、現在は進路担当として総合建設会社など設備職の推薦の他、各職種に関する企業紹介を行っている。

趣味

研究室ではゼミ生との会話を楽しんでおり、卒業生もお盆休みや年末などによく訪ねて来てくれる。大学教員の良いところは、日々、若い人と接触する機会が多いことであろう。
学生時代は囲碁部。

近況

なるべく多くの論文や著書が世に送り出せる様、日々心懸けている。
(1980-2019) 査読論文67、著書39、口頭発表(国際会議32、国内400)、特許2、総説・解説62、講演100
(うち過去5年)査読論文15、著書6、口頭発表(国際会議1、国内39)、特許1、総説・解説5、講演8

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。