バイオ・化学部 応用化学科

土佐光司 研究室

TOSA Koji
LABORATORY

安全な水とクリーンエネルギーを全ての人に

私達は「安全な水とクリーンエネルギーを全ての人が使えること」を目標に,以下の技術を開発しています。
1.水を浄化する多孔性配位高分子材料
2.殺菌剤の効果を強める金属ナノ粒子触媒材料
3.天然有機化合物を使った抗菌材料
4.水の浄化と発電を同時に行う微生物燃料電池
5.植物油からつくる再生可能なバイオ燃料
卒業生は化学工業に加え,バイオ,環境,エネルギーなど様々な分野で活躍しています。

キーワード

  • 水を浄化する多孔性配位高分子材料
  • 殺菌剤の効果を強める金属ナノ粒子触媒材料
  • 天然有機化合物を使った抗菌材料
  • 水の浄化と発電を同時に行う微生物燃料電池
  • 植物油からつくる再生可能なバイオ燃料

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

研究紹介

RESEARCH

水を浄化する多孔性配位高分子材料

研究内容

多孔性材料は多数の微細な孔を持ち,その大きな比表面積を活かして,吸着剤や触媒担体として用いられます。本研究の目的は,従来の吸着剤では吸着しにくい物質を効果的に除去する吸着剤として,孔の大きさを自由に制御した多孔性配位高分子吸着剤の開発です。富栄養化湖沼で藻類が異常に増殖することにより発生したカビ臭や魚臭などの不快な臭気を取り除く吸着剤への応用を研究しています

殺菌剤の効果を強める金属ナノ粒子触媒材料

研究内容

金属ナノ粒子は1-100ナノメートル程度の大きさの金属粒子です。金属ナノ粒子は単位質量あたりの表面積が大きく,一般的な大きさの材料とは異なる特別な性質を示し,触媒や電子材料として用いられます。本研究の目的は金属ナノ粒子を用いた触媒反応の開発です。 金属ナノ粒子を触媒として発生するヒドロキシラジカルを用いた殺菌・消毒や微生物燃料電池電極への応用を研究しています。

水の浄化と発電を同時に行う微生物燃料電池

研究内容

従来の有機廃水処理技術である活性汚泥法は,曝気によるエネルギー消費が大きいという問題があります。微生物燃料電池は電気生産微生物を触媒とし,有機物中の化学エネルギーを電気に変換する装置です。本研究の目的は,微生物燃料電池により廃水処理と発電を同時に実現することです。廃水中の有害物質や有害微生物を効果的に分解・除去できる微生物燃料電池技術を開発しています。

植物油からつくる再生可能なバイオ燃料

研究内容

植物油の主成分は脂肪酸類のグリセリンエステルです。植物油は食品をはじめ,界面活性剤,塗料,材料,医薬品,バイオディーゼル燃料などとして用いられます。本研究の目的は,植物油から様々な有用化学物質を高効率でつくる化学プロセスの開発です。これまでに有害物質を含む油からバイオディーゼル燃料を製造し,同時に含有有害物質を分解する技術を開発しました。

教員紹介

TEACHERS

土佐光司  教授・博士(工学)

鹿児島県ラ・サール高校出身

略歴

東京大学工学部都市工学科卒。同大学大学院工学系研究科修士課程(都市工学)修了。麻布大学環境保健学部助手を経て、同講師。1999年本学講師就任。助教授を経て、2011年現職。

専門分野

専門:環境化学、化学工学
論文・著書:水環境工学(オーム社)、水環境ハンドブック(朝倉書店)、紫外線消毒 水の消毒への適用性 (技報堂出版)
受賞:日本水道協会長表彰有効賞(論文賞)

横顔

高校は鹿児島でしたが、生まれ育ったのは和歌山県和歌山市です。学生時代から継続して、水質調や水処理などの環境技術を研究してきました。加えて、現在は、環境負荷の少ない化学プロセスの開発を目指し、バイオマス技術やマイクロリアクター技術などのグリーンケミストリーの研究に取り組んでいます。

趣味

野球観戦,ポケモン

近況

AIをはじめとするIT技術を環境化学・化学工学の教育・研究に活用するため、化学プロセスシミュレーターや技術計算言語について勉強中です。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS