情報フロンティア学部 メディア情報学科

中沢憲二 研究室

NAKAZAWA KENJI
LABORATORY

豊かな生活を目指した高臨場感通信技術とアプリケーションに関する研究

通信でつながっている人たちがあたかもそこにいるかのような雰囲気で会話ができたり、自宅にいながら観光地の散策を楽しめるかのようなサービスの実現を目指している。仮想世界を利用して現実世界をより便利に生活できるような環境構築に向けた研究も進める。ビデオ通話における会話環境の構築法や没入感や立体感のあるコンテンツの制作法、現実世界と仮想世界との融合法と、それらのアプリケーション創出に取り組む。

キーワード

  • 高臨場感通信
  • コミュニケーション
  • Web
  • VR
  • 情報ディスプレイ

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

360度の景観映像において閲覧方向を共有する観光体験アプリ

描画機能と画面共有を備えた学生同士による協調学習を支援する通話システム

鏡を通して会話をしているかのように感じられる通話システム

VR空間内のステージ上で自由に移動できる二人用カラオケ

管理者の指示に基づくVR避難行動シミュレータの制作

2面重ね合わせディスプレイを利用したターン制ストラテジーゲームの制作

教員紹介

TEACHERS

中沢憲二  教授・学術博士

群馬県渋川高校出身

略歴

金沢大学工学部電子工学科卒。同大学大学院工学研究科(電子工学専攻)修了。NTTヒューマンインタフェース研究所、NTT境界領域研究所、 NTTサイバースペース研究所、NTTコミュニケーション科学基礎研究所。その間、カリフォルニア大学バークレイ校コンピュータサイエンス 客員研究員、早稲田大学人間科学部非常勤講師。NTTアドバンステクノロジ(株)を経て、2015年本学教授就任。

専門分野

専門:高臨場感通信、情報ディスプレイ
論文・著書:Proposal of a New Eye Contact Method for Teleconferences、IEICE Transactions on Communications
著書(分担執筆)情報メディアへのディスプレイ応用(共立出版)
受賞:3次元画像コンファレンス2004優秀論文賞(共同受賞)

横顔

遠隔地にいる人があたかも同じ部屋にいるかのような雰囲気で会話ができ、コミュニケーションが取れるような高臨場感通信に関する研究に興味があります。社会における課題に対してICT技術がどのように貢献できるのかを学生と一緒に考えていきたいと思います。

趣味

旅行、読書、音楽、スポーツ

近況

学生生活の6年間を過ごした金沢で、32年ぶりに生活を始めて3年が経ちました。今年の夏は、研究室の学生と、妙高の苗名滝で流しソーメンを楽しみました。プライベートでは、昨年に引き続き「白山」の山歩きを続けています。6月には雪の残るなか頂上までたどり着けました。白山の魅力発見と体力維持に努めています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。