工学部 電気電子工学科

横谷哲也 研究室

YOKOTANI Tetsuya
LABORATORY

次世代通信ネットワークと性能解析に関する研究

ヒトだけでなくモノもインタネットに接続するIoT(Internet of Things)の時代になりつつある。IoTを含む新しい通信ネットワークと数学的モデルによる性能評価の研究に取り組んでいる。IoTを実現するには、様々なネットワークの融合が必要である。このための仮想化技術や国際標準化を意識した通信プロトコル及びそれを実現するためのゲートウェイに関する研究課題を設定している。

キーワード

  • IoTシステム
  • 通信プロトコル
  • ネットワーク仮想化
  • トラヒック解析

研究紹介

RESEARCH

 

教員紹介

TEACHERS

横谷哲也  教授・博士(理学)

滋賀県近江兄弟社高校出身

略歴

東京理科大学理工学部情報科学科卒。同大学大学院理工学研究科修士課程(情報科学専攻)修了。三菱電機(株)情報技術総合研究所にて高速LAN、アクセスネットワーク及びホームネットワークの研究開発、国際標準化に従事。通信技術部門主管技師長、通信システム部部長他を経て、開発本部開発業務部国際標準化・産学官連携推進グループマネージャー。東京理科大学大学院、北陸先端科学技術大学院大学非常勤講師を経て、2015年9月本学教授就任。

担当科目

工業概論  情報通信ネットワーク  電気電子工学専門実験B  プロジェクトデザインⅢ(横谷哲也研究室)  生涯学習特別講義(IoT時代の5G通信技術)  電気電子コンピュータ工学  情報通信システム  専門ゼミ(電気電子工学科)  通信・電波工学研究(横谷哲也)  コンピュータ応用工学特論  コーオププログラム(電気電子工学専攻)  コーオププロジェクト(電気電子工学専攻)  国際標準化概論Ⅰ  国際標準化概論Ⅱ  

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。