工学部 環境土木工学科

花岡大伸 研究室

HANAOKA DAISHIN
LABORATORY

土木技術のちからで地震や災害などから人と地域を守る

陸上構造物や港湾構造物を造るための建設技術(鋼構造物、コンクリート構造物、複合構造物など)や、道路、橋梁、港湾施設などを計画的に維持管理するための点検診断技術、老朽化した構造物の構造性能評価および補修・補強技術に関する研究を行い、土木技術のちからで地震や災害などから人と地域を守る研究に取り組んでいる。

キーワード

  • 防災
  • 維持管理工学(メンテナンス工学)
  • 構造物の補修・補強
  • 建設材料学
  • コンクリート工学

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

鉄筋コンクリートの維持管理に関する研究

研究内容

塩害などによって劣化した鉄筋コンクリートに対する補修・補強や構造物が劣化しないようにする予防保全に関する研究に取り組んでいます。

産業副産物の有効利用に関する研究(1)

研究内容

火力発電所で副産される石炭灰(フライアッシュ)を有効利用した有効利用したコンクリート研究・普及に取り組んでいます。

産業副産物の有効利用に関する研究(2)

研究内容

家屋の解体などで発生する「廃瓦」や瓦の製造段階で不良品となった「規格外瓦」などを有効利用した環境低負荷型土木材料を開発に取り組んでいます。

教員紹介

TEACHERS

花岡大伸  講師・博士(工学)

和歌山県立御坊商工高等学校(現,紀央館高等学校 )出身

略歴

金沢工業大学工学部土木工学科卒。同大学院工学研究科博士前期課程(環境土木工学専攻)修了。同大学院工学研究科博士後期課程(環境土木工学専攻)修了。東亜建設工業(株)技術研究開発センター研究員などを経て、2016年本学講師就任。

専門分野

専門:建設材料学、コンクリート工学、維持管理工学
論文・著書:塩害劣化した鉄筋コンクリート梁の曲げ耐力および疲労性状の評価と対策時期を考慮した補修方法の提案(学位論文)、鉄筋コンクリート梁の腐食形態と腐食量が曲げ性状に及ぼす影響、土木学会論文集、Vol.63,No2,pp.300-312,2007.他
受賞:日本材料学会 コンクリート構造物の補修・補強アップグレードシンポジウム 優秀論文賞(2006,2014)
その他専門情報:コンクリート診断士、コンクリート主任技士

横顔

百閒(百見)は一験にしかず(聞いたり見たりするよりも一度経験した方が確かという意味)をもっとうに、多くのことにチャレンジしたいと思っています。学生さんとは歳も近いので、気軽に声を掛けてください。

趣味

スポーツ鑑賞(学生時代はサッカー部)、旅行、文房具(便利な・お勧めな文具があれば教えて下さい)

近況

最近は学生から学ぶことも多く、共育(共創)に心掛けるようにしています。また、4歳になった息子の成長に負けないよう多くのことにチャレンジしたいと思っています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。