バイオ・化学部 応用化学科

坂本宗明 研究室

SAKAMOTO MUNEAKI
LABORATORY

有機合成戦略に基づく機能性分子の開発

特異な機能を持つ有機分子を設計・合成するとともに、その特性評価を行っています。特に、架橋剤に機能性を付与し、環境分析や環境浄化、有用物質の抽出などに用いることが可能な新規材料の開発に注力しています。また、「古墨」など稀少書画材料に関する分析・製作法の開発など、考古化学的なテーマも手がけています。

キーワード

  • 有機合成
  • 分子鋳型
  • 機器分析
  • 分離・吸着
  • 考古化学

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

 

教員紹介

TEACHERS

坂本宗明  准教授・博士(工学)

兵庫県芦屋高校出身

略歴

神戸商船大学商船学部商船システム学課程(機関学)卒。同大学院博士後期課程(海洋機械エネルギー工学)修了後、環境分析、プラントエンジニアリング業務に従事。神戸大学工学部応用化学科研究員を経て、2007年本学講師就任。2014年現職。2017年から2018年 米国Purdue University 客員研究員。

専門分野

専門:材料化学,有機合成,工学教育(特に異分野・異文化連携)
論文・著書:Fabrication of Copper Ferrite Thin Film from Aqueous Solution by the Liquid Phase Deposition Method 他

横顔

ヘテロ芳香族を基本構造に持つ新しい配位子化合物の開発に取り組んでいます。有機合成は思い通りに進まないことも多くありますが,世界に一つしか無い化合物を作り出し,その機能や特性を評価するのは楽しいものです。また,古墨や特殊なワニスなど,製造が難しいとされる稀少書画材料の分析・製法開発も手がけています。

趣味

物作り全般,料理,中国武術

近況

海外の教育機関と教育・研究面での連携を模索する中で,大学の強さのみならず,脆さも認識されるようになりました。大学はある意味で均質な集団ですが,不均質ー言い換えれば,多様な人々から構成される実社会と,どのように接点を作り,連携を進めるのかを考える日々が続きそうです。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。