工学部 機械工学科

近藤泰光 研究室

KONDO Yasumitsu
LABORATORY

材料表面を高品質・高機能にデザインする技術を開発しています

高温環境では表面にできる酸化膜が材料の品質を左右します。例えば、スクラップ中には循環性元素の銅が含まれており材料の製造を難しくしています。あるいは鉄鋼材料は製造時できる酸化膜が不均一だと外観品質に影響します。当研究室では高温で生成する酸化膜をコントロールすることで、銅の無害化や美麗な鋼材表面ができる技術を開発しています。

キーワード

  • 高温酸化
  • 腐食防食
  • 環境負荷低減

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

 

教員紹介

TEACHERS

近藤泰光  教授・博士(工学)

略歴

1982年
3月
私立東海高等学校 卒業

1986年
3月
京都大学 工学部 原子核工学科 卒業

1988年
3月
京都大学大学院 工学研究科 原子核工学専攻 修士課程 修了

1988年
4月
新日本製鉄㈱ 

1996年
8月
新日本製鉄㈱ プロセス技術研究所 主任研究員 

2012年
3月
金沢大学大学院 自然科学研究科 システム創成科学専攻 博士後期課程 修了

2012年
10月
新日本製鉄㈱ プロセス技術研究所 上席主幹研究員 

2020年
4月
金沢工業大学 工学部 機械工学科 教授 

学生へのメッセージ

研究の世界へようこそ。私は研究では観察力が大事だと考えています。見慣れた現象でも、動画を撮影して繰り返し見ることで、新たな発見につながったことがあります。研究は小学校の夏休みの自由研究の延長のようだといつも思っています。私たちの身近にはわからないことがたくさんあります。あなたの観察力で新たな発見があるかもしれません。さあ、私たちと一緒に研究を楽しみましょう。

担当科目

機械の原理・演習  材料科学Ⅰ  プロジェクトデザインⅡ  材料科学Ⅲ  機械工学専門実験・演習A  機械工学専門実験・演習B(再履修クラス)  プロジェクトデザインⅢ(近藤康光研究室)  材料科学Ⅱ  ものづくり工学研究(近藤泰光)  

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。