工学部 情報工学科

金道敏樹 研究室

KINDO Toshiki
LABORATORY

スマートエージェントの実装と知の探求

「社会に影響を与える研究」を方針に、社会ニーズに応える「ちょっと賢いもの」の実装/開発と人工知能の限界を見極める研究をテーマにしています。今は、人の視野を拡げる検索システムの構築、情報理論の画像処理への応用等にチームで取り組んでいます。そして、取組を通して、将来/周囲/自分の3つを見極めた上で前に進む力(しぶとい現実主義)を身に着けることを目指しています。

キーワード

  • 社会ニーズ
  • 実証研究
  • 数理統計
  • 人工知能

研究紹介

RESEARCH

応用研究: Smart Agent

研究内容

・プロファイリング系技術
   機械学習を通して得たユーザの特性(ユーザプロファイル)を活用して、社会に貢献する。
・画像系技術
   画像の統計的な特徴量(Bags of Features)と情報理論を組み合わせて、新しい画像処理
   応用に取り組んでいます。
・最適化技術(企業との共同研究)
   この取り組みは非公開です。
・自動運転技術系(検討中)
   金道の専門分野の一つですが、車を動かすとなると人物金すべての点で大規模プロジェクト
   になるため、慎重に検討中です。
   企業もしくは他の研究機関との共同研究がまとまれば、開始します。

基礎研究: Intelligence

研究内容

金道が取り組む理論的な研究です。ニューラルネットワークを中心とする人工知能の性能限界
を明らかにしたり、拡げることを目指しています。

教員紹介

TEACHERS

金道敏樹  教授・博士(理学)

略歴

1978年
3月
岡山県立瀬戸高等学校 卒業

1982年
3月
東北大学 理学部 第ニ物理学科 卒業

1984年
3月
東北大学大学院 理学研究科 原子核理学専攻 前期2年課程 修了

1987年
3月
東北大学大学院 理学研究科 原子核理学専攻 後期3年課程 修了

1987年
5月
国立原子力研究所 特別研究生 

1989年
4月
松下電器株式会社 

1995年
10月
新技術事業団独創的個人研究推進事業(さきがけ研究21) 研究員 

1996年
4月
松下技研株式会社 ヒューマンインタフェース研究所 主任技師 

2000年
4月
松下電器産業株式会社 先端技術研究所東京研究所 副参事 

2004年
1月
トヨタ自動車株式会社 FP部 グループマネージャー 

2013年
1月
トヨタ自動車株式会社 FP部 技範 

2019年
10月
金沢工業大学 工学部 情報工学科 教授 

学生へのメッセージ

【金道研の目指していること】
「社会に影響を与える研究」を方針に、社会ニーズに応える「ちょっと賢いもの」の実装/開発と人工知能の限界を見極める研究をテーマにしています。
今は、人の視野を拡げる検索システムの構築、情報理論の画像処理への応用等にチームで取り組んでおり、3、4年生でも学会発表を積極的に行っています(2022年、2023年情報処理学会で学生奨励賞受賞)。
そして、取組を通して、将来/周囲/自分の3つを見極めた上で前に進む力(しぶとい現実主義)を身に着けることを目指しています。

【研究室の特徴】
・社会/顧客ニーズから考える
・新しい方法の適用より、新しい機能の実現を重視する
・チームワークを重視する
・・他人の犠牲になるなと徹底しています
・トヨタ自動車(株)のOJTスタイルを活用する
・いろいろなオリジナルテキストを使った指導やGitHub Wikiで積極的にノウハウを共有をする
・・人工知能序説(人工知能分野の主要領域を概説する教科書:歴史的な文献リストも魅力)
・・エントリーシートの書き方、面接の準備(就職活動の実践的な指南書)
・・並列計算プログラミング速修など

【研究室での作法について】
・チームワークを重視しているので、研究室内では成果・情報の共有を積極的・徹底的に行います。
・・他の人の成果・技術の正当な利用は大いに推奨します。
・・だからこそ、研究室内外を問わず、不当・不正な利用は禁止です。
・週2回のMtg(研究室Mtg、チームMtg)への出席は必須です。
・・他人の尻馬に乗ることはできないよう、毎週、個人報告があります。

担当科目

離散数学  情報と符号の理論  プロジェクトデザインⅢ(金道敏樹研究室)  確率と統計  知識情報処理  ソフトウェア創造学研究(金道敏樹)  

研究業績

RESEARCH RESULTS

詳しい研究業績はこちら