工学部 環境土木工学科

片桐由希子 研究室

KATAGIRI Yukiko
LABORATORY

水と緑、自然環境を基盤とした地域環境の計画・デザインの方法論の研究と実践に取り組む

まちの風景、ランドスケープに感じる美しさは安心感の根底には、地域の自然と調和をとりながら続けられた生活、生産活動が作り出した空間や環境があります。研究室では、地域の自然、歴史・文化的な背景を踏まえながら、少子高齢化や風水害の増加、産業構造の変化といった課題を受け止めながら、楽しく暮らせるまちのつくり方、自然環境の機能を生かした「グリーンインフラストラクチャ」の計画・デザインについて考えていきます。

キーワード

  • ランドスケープ計画
  • グリーンインフラストラクチャ
  • 観光政策・計画
  • 地域文化資源

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

 

教員紹介

TEACHERS

片桐由希子  講師・博士(学術)

神奈川県希望ヶ丘高校出身

略歴

慶応義塾大学環境情報学部卒。同大学大学院政策・メディア研究科修士課程、博士課程単位取得。東京大学GCOEプログラム「都市空間の持続再生学の展開」特任助教、東京都立大学環境学部観光科学科助教を経て、2020年より現職。

専門分野

専門:ランドスケープ計画、観光地域計画、景観計画
論文・著書:論文:流域に基づく緑地計画、散策路事業に関する論文
著書:コミュニティー辞典(分担)、復興デザインスタジオ(分担)
受賞:日本都市計画学会論文奨励賞、日本造園学会論文奨励賞

横顔

緑地、環境保全としての「流域」を地域の単位とした計画論から、観光・レクリエーションや防災を重ね合わせての活用、歴史的地区での地域文化資源を生かしたまちづくりとアーカイブ活用など、いつの間にか興味と活動範囲が広がってきました。今は改めて、水の循環から地域を捉えることをしてみたいと考えています。

趣味

街歩き、散歩、地図を眺めること。訪問先地元のお酒を飲むこと。

近況

今年度より生まれて初めて石川県、北陸での生活を始めます。みなさんと一緒にまちを楽しく歩きながら、地域の大切なランドスケープを発見し、発信していきたいと思っています。

研究業績

RESEARCH RESULTS

詳しい研究業績はこちら

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。