工学部 機械工学科

坂本重彦 研究室

SAKAMOTO Shigehiko
LABORATORY

次世代に向けた工作機械(MT)の高精度化と加工技術における高付加価値化

わが国の製造業が将来、必要とする工作機械および加工技術に役立てられる研究遂行を目指しています。自動車や航空機産業などで用いられる加工の難しい、難削材を加工するためには、複合化された工作機械が用いられています。問題解決には、新たな加工技術の構築が必要です。さらに、加工精度を向上させるために、工作機械の構造解析や動的誤差を数学モデル化するなど組立・補正技術の開発に取り組んでいます。

キーワード

  • 多軸制御工作機械の精度解析と性能評価
  • 難削材の超精密切削加工
  • アディティブ・マニュファクチュアリング
  • 次世代加工技術の構築
  • アバターによるコミュニケーション法

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

 

教員紹介

TEACHERS

坂本重彦  教授・博士(工学)

略歴

1987年
3月
慶應義塾高校 卒業

1991年
3月
慶應義塾大学 理工学部 機械工学科 卒業

1993年
3月
慶應義塾大学大学院 理工学研究科 機械工学専攻 前期博士課程 修了

1996年
3月
慶應義塾大学大学院 機械工学専攻 後期博士課程 修了

1996年
4月
株式会社長銀総合研究所 経済調査部 

1997年
9月
(株)長銀総研コンサルティング (出向)    開発調査事業部 

1999年
2月
熊本大学 工学部 講師 

2004年
4月
熊本大学 工学部 助教授 

2007年
4月
熊本大学 大学院自然科学研究科 准教授 

2016年
4月
熊本大学 環境安全センター 准教授 

2021年
4月
金沢工業大学 工学部 機械工学科 教授 

専門分野

専門:切削加工、超精密加工、工作機械

学生へのメッセージ

工作機械(MT: Machine Tool)に関する研究をしています。工作機械は、「機械を作る機械」や「マザーマシン(母なる機械)」ともいわれています。我が国の製造業全体を支え、ものづくりの原点ともいえます。工作機械の性能を高めることは、 国際競争力を維持する上で欠かせません。機械の構造から理解をし、精度向上に加えて、性能を評価するなど総合的な視点をもって取り組んでいきましょう。このような工作機械による新たなものづくりを達成してみませんか。

担当科目

機械工作法  機械加工学  機械工学専門実験・演習B  機械工学専門実験・演習A(再履修クラス)  プロジェクトデザインⅢ(坂本重彦研究室)  プロジェクトデザイン実践(実験)(機械)  機械設計統合演習  生産プロセス  アドバンスドマシニング工学研究(坂本重彦)  機械部品最適デザイン統合特論  

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。