工学部 航空システム工学科

藤田昂志 研究室

FUJITA Koji
LABORATORY

航空機による惑星探査手法の確立へ

従来は、惑星探査といえば探査衛星や探査車で行うのが常識でした。しかし近年は、第三の惑星探査手法として航空機による探査が注目されています。航空機を用いることで、探査衛星よりも詳細なデータを、探査車よりも広範囲に取得することができます。私の研究室では、航空機による惑星探査手法の確立に向け、流れ場の解明や、高機能空力デバイスの開発、それらに基づく機体/探査ミッションの提案や、飛行試験などを行います。

キーワード

  • 惑星探査航空機
  • 低レイノルズ数流れ
  • 誘電エラストマアクチュエータ
  • 飛行試験
  • 風洞試験

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

現在、ニュースはありません。

研究紹介

RESEARCH

 

教員紹介

TEACHERS

藤田昂志  講師・博士(工学)

略歴

2008年
3月
秋田工業高等専門学校 機械工学科 卒業

2010年
3月
東北大学 工学部 機械知能・航空工学科 卒業

2012年
3月
東北大学大学院 工学研究科 航空宇宙工学専攻 博士前期課程 修了

2015年
3月
東北大学大学院 工学研究科 航空宇宙工学専攻 博士後期課程 修了

2015年
4月
日本学術振興会 特別研究員(PD) 

2017年
10月
東北大学 流体科学研究所 助教 

2022年
4月
金沢工業大学 基礎教育部 プロジェクトデザイン基礎教育課程 講師 

専門分野

専門:飛行力学、空気力学、探査、火星、航空機

学生へのメッセージ

みなさんは「宇宙探査」という言葉からどんな方法をイメージしますか?従来は、惑星探査といえば探査衛星や探査車を用いるのが常識でした。しかし近年は、第三の惑星探査方法として飛行機やヘリなどの航空機を活用した探査が注目されています。航空機を用いることで、探査衛星よりも詳細なデータを、探査車よりも広範囲にわたって取得することができます。

私は、大学院進学時にこの研究テーマを新たにもらい、それが面白くて研究者の道に進むことを決めました。航空宇宙の研究分野では、一口に航空宇宙といっても実際は「航空“か”宇宙」どちらかに特化した研究も多いですが、この惑星探査航空機は「航空“と”宇宙」の両方の扱うことができます。それが僕の感じているこのテーマの魅力の一つです。

学生のみなさんも、興味を持って全力で取り組める物事をぜひ見つけてください。自分の好きなことを大事にして、充実した大学生活を送ってもらえればと思います。

担当科目

修学基礎A  プロジェクトデザイン入門(実験)(航空システム工学科)  プロジェクトデザイン入門(実験)(建築学科)  機械力学  プロジェクトデザインⅡ  修学基礎B  プロジェクトデザインⅠ  プロジェクトデザイン実践(実験)(航空システム)  専門ゼミ(航空システム工学科)  

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。