180秒のヒューマンドキュメント 物語の始まりへ

180秒のヒューマンドキュメント 物語の始まりへ

180秒のヒューマンドキュメント 物語の始まりへ

金沢工業大学の学生が主役のテレビ番組「物語の始まりへ」。

研究やものづくりなど、さまざまな活動に一生懸命取り組んでいる学生の姿をご紹介します。

放送された番組は動画でご覧いただけます。

File.608 池田 裕太
File.608 池田 裕太

あらすじ

あらすじ

ロボティクス学科3年 池田裕太さん。
災害救助をテーマとしたレスキューロボットコンテストが神戸市で開催され、KIT夢考房メカニカルサポートプロジェクトは、3年連続でベストプレゼンテーション賞を受賞しました。
今年の彼らのコンセプトは「探査活動と情報共有の徹底」。より迅速な救助活動の追求とともに、実際に消防署で採用されているスクープストレッチャーを模した救助機構をロボットに導入しました。
チームリーダーの池田裕太さんは、ロボット製作に関わった後輩たちの頑張りが、成果としてあらわれたと振り返ります。
常に実際の災害現場を想定したロボット開発に取り組む池田さんたちの姿勢をインタビューと映像でご紹介します。

オンエア日:2015.08.27

登録されているタグ

Pickup Content

K.I.T.金沢工業大学

K.I.T.金沢工業大学

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.