180秒のヒューマンドキュメント 物語の始まりへ

180秒のヒューマンドキュメント 物語の始まりへ

180秒のヒューマンドキュメント 物語の始まりへ

金沢工業大学の学生が主役のテレビ番組「物語の始まりへ」。

研究やものづくりなど、さまざまな活動に一生懸命取り組んでいる学生の姿をご紹介します。

放送された番組は動画でご覧いただけます。

File.797 樋田 嵩斗
File.797 樋田 嵩斗

あらすじ

あらすじ

大学院機械工学専攻博士前期課程1年 樋田嵩斗さん。
KITでは、社会性のあるテーマに研究室の枠をこえてチームで取り組むクラスター研究室があります。この春、大学院に進学した樋田嵩斗さん。彼がこのクラスター研究室で、学部の集大成として取り組んだのは、いつでも誰もが楽しめる日本初となるVR型チェアスキー・シミュレータの開発です。ロボティクス学科、機械工学科の仲間とそれぞれの得意分野を活かし製作を担当。樋田さんは、プログラミングを一から勉強し、VR空間を作りあげました。
今後もチェアスキーの普及を目標に、さらにシステムを進化させ、学会や体験イベント出展など研究成果を広く公開していくという樋田さんをご紹介します。

オンエア日:2019.05.09

登録されているタグ

Pickup Content

K.I.T.金沢工業大学

K.I.T.金沢工業大学

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.