180秒のヒューマンドキュメント 物語の始まりへ

180秒のヒューマンドキュメント 物語の始まりへ

180秒のヒューマンドキュメント 物語の始まりへ

金沢工業大学の学生が主役のテレビ番組「物語の始まりへ」。

研究やものづくりなど、さまざまな活動に一生懸命取り組んでいる学生の姿をご紹介します。

放送された番組は動画でご覧いただけます。

File.621 福永 有真
File.621 福永 有真

あらすじ

あらすじ

メディア情報学科4年 福永有真さん。
今年もJR金沢駅もてなしドーム「鼓門」が、金沢工業大学の学生たちによるプロジェクションマッピングで美しく彩られました。
北陸新幹線開業記念イベントとして金沢市から委託を受けて行われているもので、今年で3回目を迎えました。
制作したのは、メディア情報学科出原研究室の学生たち。今年は、市内を流れる川や用水などの「水」と伝統工芸の「友禅」をテーマに、鑑賞型と参加型の作品を作り上げました。
メンバーの一人、福永有真さんは、大勢の観客から拍手をもらい、来春、社会人として歩みだす大きな自信につながったと振り返ります。
学生たちが、交流拠点都市・金沢の玄関を色鮮やかなプロジェクションマッピングで演出。「金澤月見ゲート」の模様をインタビューとともにご紹介します。

オンエア日:2015.11.26

Pickup Content

K.I.T.金沢工業大学

K.I.T.金沢工業大学

Copyright © Kanazawa Institute of Technology. All Rights Reserved.