工学部 情報工学科

山本知仁 研究室

YAMAMOTO Tomohito
LABORATORY

コミュニケーションのメカニズムを解明し、より使いやすいインタフェースを創る

コンピュータのような人工システムが、人間が行っているような柔軟な情報のやり取りを実現できれば、それらは飛躍的に使いやすいものになります。その実現をめざし、人の対話などを解析することで、コミュニケーションのメカニズムを明らかにしようとしています。またその結果を応用し、人とのコミュニケーションに近い形を人と人工システム(対話システム、3D視聴覚ディスプレイなど)の間で実現しようとしています。

キーワード

  • コミュニケーション
  • ヒューマンインタフェース
  • VR・AR
  • ユーザエクスペリエンス
  • AI・データサイエンス

研究紹介

RESEARCH

複数台のモバイル端末を用いた高臨場感ディスプレイシステム

研究内容

本研究では低コストで高い臨場感を提示することができる視聴覚ディスプレイの開発を行っています。具体的にはネットワークに接続されたコンピュータやiPoneやiPadをリアルタイムに制御し、任意の視聴覚空間を生成して提示することができるシステムを開発しています。これまで、このようなシステムのコンテンツは専門家が作成していましたが、本研究ではコンテンツをWeb ブラウザ上で誰もがデザインでき、なおかつ世界中のユーザと共有できるシステムの開発も同時に行っています。これらのシステムを用いることで、例えばお祭りなどの伝統文化や、地域の自然の音空間などを高い臨場感で世界中に伝えることが可能になると考えています。

教員紹介

TEACHERS

山本知仁  教授・博士(工学)

略歴

1994年
3月
三重県立 伊勢高等学校 卒業

1998年
3月
東京工業大学 工学部 電気電子工学科 卒業

2000年
3月
東京工業大学大学院 総合理工学研究科 知能システム科学専攻 博士前期課程 修了

2004年
3月
東京工業大学大学院 総合理工学研究科 知能システム科学専攻 博士後期課程 修了

2004年
4月
金沢工業大学 講師 

2010年
4月
金沢工業大学 情報学部 情報工学系 情報工学科 准教授 

2012年
4月
金沢工業大学 工学部 情報工学系 情報工学科 准教授 

2016年
4月
金沢工業大学 工学部 情報工学系 情報工学科 教授 

2018年
4月
金沢工業大学 工学部 情報工学科 教授 

専門分野

専門:ヒューマンコンピュータインタラクション、ヒューマンインタフェース、ヒューマンコミュニケーション

学生へのメッセージ

私の専門領域は、ヒューマンコンピュータインタラクションと呼ばれるもので、人とコンピュータや、人と人工物一般の関係をより良いものにしていこうとすることを目的としています。具体的な研究としては、複数台のスマートフォンを用いることで、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)のコンテンツを簡単に提示できるディスプレイシステムを構築していたり、同じくスマートフォンのセンサを用いることで、アクティブラーニング中の学生の学習状況や、フットサルなどのスポーツ活動を計測・推測し、適切にファシリテーションを行うAIシステムの開発などを行ったりしています。研究室において学生さんは、これらの研究を実施しながら、スポーツなど様々なアクティビティにも参加し、より充実した学生生活を送っています。研究内容や研究室での活動について質問があれば(他にも修学全般の質問でも大丈夫です)、メール等で気軽に質問してもらえればと思います。

担当科目

コンピュータグラフィックス  情報工学専門実験・演習B  情報工学応用  プロジェクトデザインⅢ(山本知仁研究室)  進路セミナーⅡ  知能情報メディア研究(山本知仁)  インターフェースデザイン特論  グローバルイノベーション特論  コーオププログラム(情報工学専攻)  コーオププロジェクト(情報工学専攻)  

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS