情報フロンティア学部 メディア情報学科

出原立子 研究室

IZUHARA Ritsuko
LABORATORY

公共の場における人と街と文化をつなぐメディアシステムの研究・開発

公共空間においてデジタルメディアを活用することによって、その場所や地域の付加価値、人々のアクティヴィティを創出することを目的として、CG映像、インタラクティヴ技術、IOT、そしてVR/AR、AIなど先端技術を活用し、公共の場における人と街と文化をつなぐメディアシステムの実践的な研究・開発を行っています。

キーワード

  • メディアデザイン
  • プロジェクションマッピング
  • VR/AR(拡張現実感)
  • モバイルメディアシステム
  • ビジュアル・インフォメーション・デザイン

研究紹介

RESEARCH

街中におけるコミュニケーションデザイン、メディアデザイン

研究内容

街中においてICTを活用し、人と人、人と街をつなぐコミュニケーションデザイン、メディアデザインについて実践的に研究している。

MRを活用したリアルとヴァーチャルをつなぐメディアの開発

研究内容

MR(Mixed Reality)デバイスを活用し、実空間と仮想イメージを融合したメディアコンテンツの開発を行っています。

情報の視覚表現、図的表現

研究内容

情報の視覚表現について、特に図的表現について、これまでの過去の事例を紐解き普遍的特性について追求している。また、様々な情報の効果的な視覚化を目指し、CG、IT 技術を活用した新しい図的表現、コンテンツの開発も行う。

サイエンス・アート(幾何学アート)

図の体系化

教員紹介

TEACHERS

出原立子  教授・博士(芸術工学)

略歴

1988年
3月
東海大学 理学部 情報数理学科 卒業

1996年
3月
武蔵野美術大学大学院 造形研究科 基礎デザイン学コース 修士課程 修了

1997年
4月
神戸芸術工科大学 視覚情報デザイン学科 助手 

2004年
3月
神戸芸術工科大学大学院 芸術工学研究科 博士課程 修了

2004年
4月
金沢工業大学 講師 

2018年
4月
金沢工業大学 情報フロンティア学部 メディア情報学科 教授 

専門分野

専門:メディアデザイン、デザイン学、文化情報学、視覚情報デザイン、メディア情報学

学生へのメッセージ

研究室では、実空間とコンピュータが作り出すイメージとを融合し感動を創出するメディアを開発しています。学生と共に創造的な活動に取り組み、金沢の街や地域活性化へつなげたいと思っています。クリエイションする楽しさを一緒に体験しましょう。

担当科目

情報フロンティア大意(メディア情報)  メディアデザイン  プロジェクトデザインⅢ(出原立子研究室)  専門ゼミ(メディア情報学科)  応用メディア情報学研究(出原立子)  メディアデザイン特論  コーオププログラム(システム設計工学専攻)  コーオププロジェクト(システム設計工学専攻)  

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS