情報フロンティア学部 メディア情報学科

出原立子 研究室

IZUHARA Ritsuko
LABORATORY

公共の場における人と街と文化をつなぐメディアシステムの研究・開発

公共空間においてデジタルメディアを活用することによって、その場所や地域の付加価値、人々のアクティヴィティを創出することを目的として、CG映像、インタラクティヴ技術、IOT、そしてVR/AR、AIなど先端技術を活用し、公共の場における人と街と文化をつなぐメディアシステムの実践的な研究・開発を行っています。

キーワード

  • メディアデザイン
  • プロジェクションマッピング
  • VR/AR(拡張現実感)
  • モバイルメディアシステム
  • ビジュアル・インフォメーション・デザイン

研究紹介

RESEARCH

街中におけるコミュニケーションデザイン、メディアデザイン

研究内容

街中においてICTを活用し、人と人、人と街をつなぐコミュニケーションデザイン、メディアデザインについて実践的に研究している。

情報の視覚表現、図的表現

研究内容

情報の視覚表現について、特に図的表現について、これまでの過去の事例を紐解き普遍的特性について追求している。また、様々な情報の効果的な視覚化を目指し、CG、IT 技術を活用した新しい図的表現、コンテンツの開発も行う。

サイエンス・アート(幾何学アート)

図の体系化

教員紹介

TEACHERS

出原立子  教授・博士(芸術工学)

北海道旭川北高校出身

略歴

東海大学理学部情報数理学科卒。武蔵野美術大学大学院造形研究科基礎デザイン学コース修士課程修了。神戸芸術工科大学視覚情報デザイン学科助手。神戸芸術工科大学大学院芸術工学研究科博士課程修了。2004年本学講師就任。准教授を経て、2015年現職。

専門分野

専門:メディアデザイン、視覚情報デザイン、図的表現
論文・著書:三浦梅園「玄語図」の形成原理と図言語体系に関する研究他。
受賞:The Best Presentation Award at the Second “Katachi U Symmetry”Symposium

趣味

旅行、街歩き、伝統文化探訪、読書、音楽鑑賞、映画鑑賞など

近況

学生と共に、研究・制作に没頭する喜びを分かち合いたいと思っています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS