バイオ・化学部 応用バイオ学科

辰巳仁史 研究室

TATSUMI HITOSHI
LABORATORY

未来のナノテク技術を創出する

人間の体は細胞からできている。これら細胞はさらに数千種類のタンパク質分子が助け合って生命現象を生み出している。分子と分子が助け合う原理の一部でも理解できれば工学的な応用は計り知れない。分子はナノメータの大きさなのでこのような技術はナノテクと呼ばれる。研究室では現代の先端的光学技術を使って一分子のタンパク質分子を操作し生命のからくりを調べる。そこから未来のナノテクを生み出そうと格闘している。

キーワード

  • 一分子を見る
  • 分子を光で操作する
  • ナノテクノロジー
  • スーパーイメージング
  • 培養脳細胞

ニュース&トピックス

NEWS & TOPICS

研究紹介

RESEARCH

分子、細胞、脳の研究を進めています

研究内容

細胞は、重力や外力のみならず体内の骨格筋や平滑筋の動きに起因する機械的刺激を受容してさまざまな応答を示す。こうした力学刺激は細胞膜や細胞骨格の変形と張力の変化をもたらす。特にアクチンストレス線維はこのような外力だけでなく、それ自身の収縮と弛緩によってアクチン線維の張力を変化させる。こうした張力の変化は、細胞の増殖、分化、運動などの基本的機能を調節し、生命の維持に重要であることが知られている。
しかし、膜や細胞骨格の張力変化がどのようにして細胞応答を調節しているのかは、よく分かっていない。その最大の理由は、機械刺激の感知機構、言い換えるとメカノセンサーの分子実体とメカノセンサーが細胞の構造や機能に影響をあたえる仕組みの多くが不明な点にある。
メカノセンサーは細胞に力が加わったときにそれを伝達するのに適した構造とリンクして働いていると考えられる。細胞の外から働く力は、細胞膜、あるいは細胞を細胞外基質につないでいる接着構造に働き、それらにリンクしている細胞骨格(例えばアクチン線維)に伝わる。力は、アクチン線維に結合している細胞核にも作用することが知られている。
1984年に最初に見つかったメカノセンサーは細胞膜にある機械受容(MS)チャネルであり、しばらくはMSチャネルのみが明瞭なメカノセンサーであった。2000年代に入って、細胞接着構造の中にメカノセンサーとして働く分子が報告されるようになった。タリンやインテグリンなどである。さらに2011年にアクチン線維に力学受容機構(力を感じる仕組み)が内在していることを早川らが示した。
研究室の一つのテーマは、アクチン線維はどのような仕組みで力を感知するのか、また、メカノセンサーとしてのアクチン線維が細胞の移動や傷の修復にとってどのような意義があるのかを調べる。また脳の中で栄養液を循環させるメカノ装置の解明と認知症との関係についても研究を始めている。

教員紹介

TEACHERS

辰巳仁史  教授・工学博士

大阪府高津高校出身

略歴

大阪大学基礎工学部生物工学科卒。同大学基礎工学研究科物理学系専攻後期課程修了。東京医科歯科大学難治疾患研究所自律生理学部門助手、アメリカ合衆国オレゴン健康科学大学招聘研究員、新技術事業団さきがけ研究21研究員(東京医科歯科大学と兼任)、名古屋大学大学院医学系研究科細胞生物物理イメージング生理学(生理学第二講座)助手、後に准教授、2015年本学教授就任。

専門分野

専門:生物物理学、神経科学、細胞生物学、宇宙生物学
論文・著書:1. Hayakawa,K.,Sakakibara,S.,Sokabe,M.&Tatsumi,H.Single-molecule imaging,,.Proc Natl Acad Sci U S A 111,9810-9815(2014).
受賞:2010年度NPO法人ニューロクリアティブ研究会研究助成「創造性研究奨励賞」受賞、2014年その年の影響力のある論文1000位以内(Faculty of 1000 Biology)上記,論文1に対して

横顔

分子を直接観察し分析することで、一つ一つの分子の相互作用を明らかにし、そこからの生命現象を理解できるようにしたいと研究を進めています。そのために高性能のイメージング装置を手作りしています。世界で初めて生命の真相が見えてくるときはわくわくします。そのわくわく感を保って教育と研究ができればと思います。

趣味

美術と音楽鑑賞、ブルゴーニュワイン、茶道、クラシックカメラ

近況

名古屋から金沢に移動して新たに教育と研究活動に入ります。金沢の文化に触れることを楽しみにしています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。