工学部 電気電子工学科

深見正 研究室

FUKAMI Tadashi
LABORATORY

カーボンニュートラル実現に貢献する回転機技術の研究

物を動かすモータや電気をつくる発電機は、「回転機」と呼ばれています。回転機は、社会基盤を支えるキーデバイスとして、電力、交通、産業、家電など、さまざまな分野で利用されています。カーボンニュートラルの実現に向けて、回転機技術の一層の高度化が求められています。研究室では、その要求に応える新原理/新構造の回転機の開発に取り組んでいます。

キーワード

  • モータ
  • 発電機
  • 電気自動車
  • 風力発電
  • 小水力発電

研究紹介

RESEARCH

特定用途指向の新しい回転機の開発

研究内容

電気自動車(EV)、風力発電、小水力発電など、特定用途にベストフィットした回転機の開発を計算機シミュレーションと実験により行っています。計算機で内部の磁束の流れを図示したり、動きをシミュレーションしたり、実際に回転機を製作して電圧・電流を測定したりして、新しい回転機の実用化を目指しています。

教員紹介

TEACHERS

深見正  教授・工学博士

略歴

1981年
3月
石川県立羽咋工業高等学校 卒業

1985年
3月
金沢工業大学 工学部 電気工学科 卒業

1990年
3月
金沢工業大学大学院 工学研究科 電気電子工学専攻 博士課程 修了

1990年
4月
三菱電機株式会社  中央研究所 

1992年
4月
金沢工業大学 助手 

2004年
4月
金沢工業大学 工学部 電気系 電気電子工学科 教授 

2018年
4月
金沢工業大学 工学部 電気電子工学科 教授 

専門分野

専門:回転機(モータ、発電機)

学生へのメッセージ

学生時代に、何か一つ熱中することを見つけてください。専門の勉強でも、課外活動でも、何でも構いません。そして、それを「本気」で取り組んでみてください。私は、中学・高校では、部活動(弓道)に熱中しました。大学の学部では、専門資格(電験ほか)の取得に熱中しました。大学院の修士課程・博士課程では、研究(モータ)に熱中しました。恩師に恵まれたこともあって、充実した学生生活を送ることができました。

担当科目

技術者基礎  電気機器Ⅰ  プロジェクトデザインⅢ(深見正研究室)  電気回路Ⅱ  電気電子工学専門実験B  電気機器・制御工学研究(深見 正)  電気機器・制御統合特論  

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。