建築学部 建築学科

竹内申一 研究室

TAKEUCHI Shinichi
LABORATORY

現代性を持つと共に、社会やまち、歴史や風土とも結び付いたあたらしい建築空間を創造する

大きな空間を創造する建築は、人々に感動を与えることができる。また、そこに存在し続けるため、社会やまちに対しても大きな影響を与える。研究室では、現代性と共に、社会やまち、歴史や風土との結びつきを持った新しい建築空間の創造について考える。建築設計競技や実際の建築プロジェクトのデザイン、街づくりにも積極的に参加し、空間づくりを実践で学ぶ。

キーワード

  • 建築デザイン
  • あたらしい空間と環境の創造
  • そこにしかないという建築の魅力
  • デザインの根拠を考える
  • 批評としてのデザイン

研究紹介

RESEARCH

金沢や北陸におけるあたらしい建築形式の探求1 しお・CAFE

金沢や北陸におけるあたらしい建築形式の探求2 中土間の家

金沢や北陸におけるあたらしい建築形式の探求3 まちの家

呼吸する超高層 CapitaGreen Singapore 伊東豊雄建築設計事務所に設計協力

金沢や北陸におけるあたらしい建築形式の探求4 Ten riverside

あたらしい構造形式による空間の探求 支えの家

歴史的空間の再編 大野の醤油蔵の改修

谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館における展覧会「金沢のチカラ-重層する建築文化-」の企画及び会場構成

教員紹介

TEACHERS

竹内申一  教授

愛知県半田高校出身

略歴

東京藝術大学美術学部建築科卒。同大学大学院美術研究科修士課程(建築学)修了。伊東豊雄建築設計事務所、竹内申一建築設計事務所を経て、2011年本学准教授就任。2017年現職。

専門分野

専門:建築設計
受賞:SDレビュー1991入選、中部建築賞、グッドデザイン賞、石川建築賞、金沢都市美文化賞など、伊東豊雄建築設計事務所での担当作品に対し日本建築学会作品賞、グッドデザイン大賞
その他専門情報:一級建築士

横顔

建築というプロフェッショナルな世界にいながらも、いつまでも瑞々しい感性と創造力をもった、良い意味でのアマチュアでいたいと思っています。学生の皆さん、荒削りで元気の良い発想を、どんどんぶつけて来て下さい。いつでも相談にのります。

趣味

おいしいものを食べることつくること、自転車

近況

大学を卒業してから既に30年、金沢工大に着任して10年が経ちました。これまでに建築の設計活動や大学での設計教育を通じて、様々なことを経験し考えてきました。そんな経験を生かし、皆さんに建築をつくる楽しさやすばらしさ、建築を学ぶ歓びを伝えていきたいと思っています。

オリジナルコンテンツ

ORIGINAL CONTENTS

オリジナルコンテンツはありません。