工学部 機械工学科

諏訪部仁 研究室

SUWABE HITOSHI
LABORATORY

「物語の始まりへ」に溝田勇飛さんが紹介されました

大学院機械工学専攻博士前期課程2年 溝田勇飛さん。
まもなく技術者として新しい一歩を踏み出す溝田勇飛さん。ものづくりで自分にしかできないことを学んでみたいと、KIT機械工学科に進学しました。学部4年次から所属する諏訪部研究室で取り組んでいたテーマは、シリコンカーバイドの高能率・高精度スライシング加工技術の開発について。更なる小型化か求められているパワーデバイスの基板として注目されている材料です。溝田さんは新たな切断法を見出し、その成果を昨年の砥粒加工学会学術講演会で発表、優秀講演論文賞を受賞しました。
これからも人が真似できない技術開発を追い求めたいと話す溝田さんをご紹介します。

https://kitnet.jp/monogatari/play/791_mizota.html

公開日:2019.05.07

その他のニュース&トピックス