工学部 機械工学科

田中基嗣 研究室

TANAKA MOTOTSUGU
LABORATORY

「物語の始まりへ」に大橋成規さんが紹介されました

大学院高信頼ものづくり専攻博士前期課程1年 大橋成規さん。
骨腫瘍や事故による骨の欠損に対する治療法のひとつとして、生体になじみやすい金属材料などを用いた人工骨の使用が挙げられますが、KIT大学院1年の大橋成規さんが取り組んでいるのは、骨の組織そのものを人工的につくってしまおうというもの。骨の主成分であるコラーゲン線維とハイドロキシアパタイトに注目、複合材料の最適化をめざし日々研究にあたっています。
工学の分野から再生医療に貢献したいと新材料の創製に向けチャレンジを続けている大橋さんをご紹介します。

http://kitnet.jp/monogatari/play/751_ohashi.html

公開日:2018.07.31