バイオ・化学部 応用化学科

岡田豪 研究室

OKADA Go
LABORATORY

3Dプリンタを使ったオーダーメイド3次元線量計の作製に初めて成功。より正確で安全な放射線治療が可能に

国立研究開発法人 産業技術総合研究所と東北大学大学院工学研究科応用化学専攻および金沢工業大学応用化学科の研究グループでは、このたびラジオクロミック材料(放射線照射により発色する物質)を用いた3Dプリント線量計の作製に初めて成功しました。3Dプリンタで患者の臓器の形状を正確にコピーしたオーダーメイドの3次元線量計が可能となり、正確で安全な放射線治療に貢献できるものとして、今後の研究の進展が期待されています。

https://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2020/0610_Tailor-made_3D_dosimeter.html

公開日:2020.06.10