バイオ・化学部 応用化学科

岡田豪 研究室

OKADA Go
LABORATORY

岡田講師の共著論文がNature Research『Scientific Reports』に掲載

金沢工業大学バイオ・化学部 応用化学科 岡田豪講師(専門:材料工学、量子検出)が共著者となった論文「Oxidation suppression of Cu in alkaline aluminophosphate glass and the effects for radiation-induced luminescence characteristics」(アルカリアルミノリン酸塩ガラス中のCuの酸化抑制と放射線誘起発光特性への影響)が2020年12月8日発行のNature Research『Scientific Reports』に掲載されました。
『Scientific Reports』は一次研究論文を扱うオープンアクセスの電子ジャーナルで、自然科学(生物学、化学、物理学、地球科学)のあらゆる領域を対象としています。

https://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2020/1210_okada.html

公開日:2020.12.10